So-net無料ブログ作成

ジュラシック・パークの期待の第4作目解禁 

スポンサードリンク



さかのぼること『ジュラシック・パーク』(1993)
ジェラシック。パーク.jpg
『ロスト・ワールド ジュラシック・パーク』(1997)

『ジュラシック・パーク3』(2001)と
3作合計で全世界の興行収入2000億円を超える超メガヒットシリーズの期待の4作目『ジュラシック・ワールド』が(8月7日公開)される。

本作の予告編第2弾と新ビジュアルが解禁となりました。

映像では、ジャイロスフィアという球体の乗り物に乗って巡る恐竜見学や
モササウルスの水中ショーなど、今までのジュラシック・ワールドでは無かったアトラクションに興奮する来場者の様子が次々に映し出されている。



また恐竜の飼育員オーウェン(クリス・プラット)が警告する中、パークの責任者クレア(ブライス・ダラス・ハワード)は目玉となる新アトラクションを作るために、遺伝子操作によって新種の恐竜、インドミナス・レックスを創出するところがある。


ここでは、共食いもいとわず、身体に埋め込まれた追跡装置を自ら外すほど高い知性を持った新種の脱走により、約2万人の来場者が捕食対象となったパーク内のパニック状態。

また、モササウルスの捕食シーンを水族館のように真横からと、水中内から見ることができるようになっている。
スポンサードリンク





そんな迫力の映像とあわせて、3種のポスタービジュアルが解禁となった。

オーウェンが飼育するラプトルとの並走や、クレアとインドミナス・レックスが静かに向かい合う姿を写し出したもの、モササウルスの水槽の中を覗き見ることができるものだ。



さらに、テーマパークサイトも大幅にリニューアル!“DINOSAURS”に恐竜情報が追加されたほか、最も注目すべきは新コンテンツの“PARK CAM”。

パーク内のあらゆる場所に設置されたカメラ映像から、アトラクションの様子、さらにそこで働くスタッフの様子や、パークの混雑状況などを見ることができるのである。



世界中のどこよりも迫力があるテーマパークの開園に向けて、期待が高まる映像、ポスター、HPの新コンテンツが解禁となったので。このGWにぜひチェックしてみてください。
スポンサードリンク







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
おじさんの言いたい日記

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。